ナッツ類の食べ過ぎで引き起こされる副作用にはどんなものがあるかを確認!

ナッツ類は、美容と健康に優れた効果をもつ栄養素がたっぷり含まれていることで人気です。

最近では素焼きのナッツ類を1日25g食べるだけのナッツダイエットなども注目をされています。

しかしいくら体にいいからと言っても食べ過ぎは禁物です。

ナッツ類を食べ過ぎるとかえって体に悪い影響が出てしまう副作用の原因になってしまう場合があります。

そこで今回はナッツ類の食べ過ぎで引き起こされる副作用について考えてみましょう。

スポンサーリンク

まず第一にナッツ類は高カロリーで高脂肪なので、食べ過ぎは太る原因となってしまう場合があります。

ナッツ類に含まれる脂肪分のほとんどは、血中の中性脂肪やコレステロールを減らす効果で知られる不飽和脂肪酸です。

体に良い効果があるとはいえナッツそのものは高カロリーです。

アーモンドなら100gで約600kcal、食事1回分のカロリーに相当します。

適量なら体に良いナッツ類も食べ過ぎは肥満のもとになる危険性があることも知っておきましょう。

次にナッツ類の食べ過ぎは、ニキビが増える原因とも言われます。

ナッツを加工する際、風味を加えるためのバターなどの油や塩が原因とされています。

できるだけ加工されていないナッツ、いわゆる素焼きナッツや無塩ナッツを選び、食べ過ぎにも注意しましょう。

そしてナッツダイエットの効果としてよく挙げられるのはナッツ類には食物繊維も多く含まれ、便秘予防や便秘を解消するということです。

しかしやはり食べ過ぎは逆効果になります。

便秘には大腸の筋肉のゆるみや大腸の筋肉が痙攣をおこす機能性便秘と、吐き気や嘔吐、血便などの症状もあらわれる器質性便秘があります。

食物繊維には、腸内の老廃物をかき出し便秘を防ぐ不溶性と、余分なコレステロールや脂質などを排出してくれる水溶性があります。

ナッツ類の食べ過ぎは、不溶性食物繊維の働きで便のかさが過剰に増すことで、腸の動きが悪くなり機能性便秘を悪化させる場合があるのです。

スポンサーリンク

それではナッツを食べる場合はどれくらいの量を食べるのが良いのでしょうか?

ナッツはその種類によって、1日の適正量は異なります。

アーモンドは、1日約20~30粒。食前に、2~3回に分けて食べるのが良いとされています。

1粒に含まれるカロリーが約40calと高めなくるみは、1日6~7粒。

オメガ3脂肪酸を含み、血液サラサラ効果がありますが食べ過ぎは禁物なのです。

ピスタチオは1日の適正量は約40~45粒。カロリーは100gあたり、約615kcalと高いのです。

マカダミアナッツは4~5粒、よく噛んで食べるのが良いとされています。

高カロリーで100gあたりのカロリーは700kcal、3粒で72kcalもあるのです。

これらのことをしっかり意識しておけば、優れた健康効果が期待できるナッツ類なので、食べ過ぎによる副作用に注意して美味しくいただきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です