プールにするか?海水浴にするか?それぞれのメリット・デメリットをチェック!

暑くなってくると水浴びをしたい!と思うのは人情ですよね。

そこでプールや海水浴に行く予定を立てるわけですが、どちらにしようか?迷うこともあると思います。

どちらも“水浴び”には変わりませんが、それぞれ良い点と悪い点がありますので、簡単にまとめてみました。

20150627pool

スポンサーリンク

プールのメリット・デメリット

まずプールのメリットを考えてみますね。

  • 砂で汚れない

海ですと砂浜があって海から上がると足元はもちろん、体全体が砂まみれになるのは不快です。

  • アトラクションで遊べる

流れる広いプールやウォータースライダー、アトラクションが豊富なところもあるので、水遊び以外でも楽しめます。

  • 屋内なら雨でも遊べる

雨の日でも屋内にあるプールなら予定通り遊べます。

次にプールのデメリットです。

  • スペースが狭い

限られたスペースなので、混雑時にはプール内は芋洗い状態ですし、特にお子さんがいる場合は迷子にも注意が必要です。

  • 泳がない人がのんびりできない

一緒に行く人で泳がない人がいる場合、プールサイドの空きスペースで過ごすことになり、景色を見ながらのんびりということができません。

  • 施設利用料金がかかる

施設を利用するので、料金がかかりますが、交通費や食費も合わせると想像以上の出費になることもあります。

海水浴のメリット・デメリット

海水浴のメリット

  • スペースは無制限

プールでは味わえない広大なスペースがありますし、雄大な景色が楽しめます。

  • 泳がない人ものんびりできる

ビーチパラソルやサンシェードを用意するか海の家を利用すれば、泳がない人でものんびり過ごすことができます。

  • 施設利用料金が限られている

海でかかる最低費用は交通費くらいで、水浴び自体の料金はかかりませんし、食事も持参すればかかりませんので経済的です。

海水浴のデメリット

  • 砂で汚れる

海は砂浜がありますので、移動するだけで砂だらけになります。

  • 遊び方が限定される

ウォータースライダーなどのアトラクションがありませんので、泳ぐかビーチバレー、すいか割りくらいしか遊び方がありません。

ただし、シュノーケリングが出来れば、海の中を見ることができますので、遊びの幅が広がります。

  • 急な天候の変化に対応できない

突然の雨など急な天候の変化があると、危険な場合もありますので、中断もしくは中止しなくてはいけません。

スポンサーリンク

他にもいろいろなことが考えられますが、おおまかに考えるとこんな感じになると思いますが、考え方としては、海水浴のメリット・デメリットはプールのメリット・デメリットの反対になると考えられますよね。

プールにするか海にするか悩んでいる方は、自分が絶対譲れないことを考えて、優先順位を決めたり、外で遊びたいか、雨が心配だから屋内にするか、一緒に行くみんなが泳ぎたいのか、外で見るだけの人もいるのか、などの条件を考えると良いと思います。

いずれにしてもいつまでも思い出に残るような楽しい1日になるといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です