子供との連絡用スマホなら低価格スマホと格安SIMで月額480円!料金をとことん安くする組み合わせはコレだ!

今では持っていない方が珍しいと思われるもののひとつがスマホで、今や小学生ですらスマホを持っている時代です。

確かにスマホを持っていれば、通話やメールで子供と連絡が取れるので、便利ですし、安心だと思いますが、月額料金のことを考えると二の足を踏んでしまいますよね。

kodomo-sumaho

docomo、au、softbankの大手三社のスマホの月額料金を調べてみるとどんなに安く見積もっても6000円前後はかかってしまいます。

月に6000円ということは1年で72000円もの出費になってしまいますよね。

しかも、これだけの高額料金を払って子供がやっていることと言えば、ゲームやSNSが中心で肝心の連絡なんて、1日1回あるかないかというのが現状のようです。

これは明らかに無駄だと思いませんか?!

スポンサーリンク

そこで月額料金がもう少し安くなれば、子供との連絡用にスマホを持たせたいと考えている親御さんに月額料金をとことん安くするための「低価格スマホ」と「格安SIM」を組み合わせて利用する方法をご紹介します。

ただし、目的は子供との連絡用なので「連絡が取れる」ことが最も重要ということを前提にしたスマホ入手法です。

ちなみに筆者はこの方法で子供にスマホを持たせました^^

低価格スマホ

スマホというのは手のひらサイズのパソコンのようなものですから、買うとなるとスマホ本体だけでも数万円以上の価格です。

大手三社などが出しているスマホはどんどん高機能になっていき、価格もどんどん高くなっていっています。

しかし、子供との連絡用スマホならそこまで高機能なスマホは必要ありませんよね。

そこで思いつくのが、いわゆる“型落ち”と言われるちょっと前のモデルの中古を入手する方法です。

中古携帯電話ショップは街にもネット上にもたくさんありますし、ヤフオクでもかなり量が出品されていますので、中古スマホを入手するのは難しくはありません。

価格も数千円台から30000円前後くらいまであります。

しかし、あくまでも“中古”なので、買った直後に壊れて使えなくなったり、電池が充電されずに電池パックを買いなおすハメになったりとトラブルも多いのも事実です。

そこでおすすめなのが、有名メーカー製のスマホではない低価格スマホを利用することです。

低価格スマホは、有名メーカー製のスマホと比べるとやや機能が低下しますが、普通に使う分にはなんら問題はありません。

しかも新品で10000円前後と今の有名メーカー製のスマホの価格と比べると断然、安く手に入ります。

低価格スマホを発売している企業はいくつかありますが、一番のおすすめは「freetel(フリーテル)」の「Priori2(プリオリ2)3G」というスマホです。

priori2-3g

Priori2には超高速の通信速度LTEに対応しているタイプもありますが、子供との連絡用なら一般的な通信速度の3Gタイプで十分だと思います。

Priori2がおすすめの理由は、SIMフリーでそこそこの機能性があるにもかかわらず、びっくりするくらいの低価格で買えるということです。

新品の本体価格がなんと!9980円(税抜)なんです!

しかもキャンペーン中であれば、送料無料といういことも多く、消費税を入れても10778円という低価格で新品スマホが入手できるということです。

アマゾンや楽天でも買えますが、売っているのはカバーなどがパッケージされたものばかりで、最安値のこの価格で買えるのはfreetel公式サイトのみのようです。

格安SIM

イオンが発売したスマホが格安SIMを使うことで月額料金が安くなり人気がありますが、それよりも安い格安SIMはたくさんあります。

その中で2015年4月現在でもっとも安いのはヨドバシカメラのオリジナルSIM「ワイヤレスゲート」の月額480円です。

yodobasi-sim

初期費用は3240円かかりますが、これはどこのSIMを使っても同じ費用がかかります。

さすがにこの価格ですから、電話での通話はできませんし、ネットなどを閲覧する時には速度は多少遅くなりますが、Wifiスポットも豊富にありますので、子供との連絡用と割り切れば、問題は少ないと言えるでしょう。

これに電話番号でメッセージが送れるSMS機能を付けると月額630円で、電話で通話ができるSIMは用意されていません。

しかし電話で通話ができないSIMでも通話ができるアプリを入れれば、通話ができますのでご安心を。

通話アプリもいろいろありますが、最もおすすめなのは「SMARTalk(スマートーク)」です。

SMARTalkの最大のおすすめポイントは“初期費用も月額料金もかからない”ということなんです。

通常は電話をかけようがかけまいが関係なく、基本料金というものが徴収されていまいますが、SMARTalkは通話した分だけ課金されるというシステムになっています。

通話料も安くなっていますので、子供との連絡用にはちょうど良いと思います。

利用方法はIP電話サービスの「IP-Phone SMART」に登録してアプリをインストールすれば使用でき、通話をした分の料金は登録したクレジットカードで支払います。

ただし、普通の電話のような通話品質は期待できませんし、諸条件によっては聞き取りにくいこともあるようですが、会話が成立しないということはありませんので、単純に子供との連絡用と割り切れば、許容範囲だと思います。

スマホ月額最安料金の組み合わせはコレ!

freetel公式サイトからpriori2の端末のみを購入する⇒10778円

ワイヤレスゲートの480円SIMを申し込む⇒3240円

初期費用合計14018円

月額費用:SIM代金⇒480円、IP電話料金⇒その都度

スポンサーリンク

まとめますと、最初に14018円を払えば、その後は月々480円+通話料金だけで済むということになるんです。

いかがですか?これなら子供に連絡用スマホを持たせるのに最適な組み合わせだと思いませんか?!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です