ホタル鑑賞のお役立ち情報!夏しか見られないホタルを見るときの大切なポイントとは?

初夏から夏にかけてしか見ることができないホタルは、日本の夏の風物詩として古くから鑑賞されています。

暗闇の中で明滅を繰り返すあの黄緑色の光を見ていると想像以上に明るくて感動したり、なんとなく寂しい気分になったり、ロマンティックな気分になったり、癒されたりしますよね。

hotaru

しかし最近では、さまざまな事情から自然の中でのホタル鑑賞というのは、なかなか難しくなっているようです。

しかし、日本全国でホタル鑑賞スポットは存在していますので、夏しか見られないホタルを見に行ってみてはいかがでしょうか。⇒ ホタル鑑賞ができる宿

そこで、今回はホタル鑑賞の時に役立つ情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

ホタル前線を知ろう!

ホタルは日本全国で見ることができますが、実は桜と同じで南の方から北上してくるんです。

沖縄は4月ごろ、北海道は7月ごろ見ごろを迎えますが、西日本は5月中旬~6月中旬、東日本は5月下旬から6月下旬の間に北上しながら見ごろを迎えます。

ホタルが活発になる天気

ホタルは初夏から夏にかけては活動していますが、特に動きが活発になる天気というものがあります。

人間にとっては不快指数が高くなりそうな「湿気が高いが、雨は降っていず、風が吹いていない時」がホタルがよく活動する天気ですので、梅雨の合間などは最適かもしれませんね。

ホタルがよく光る時間帯

日没と同時にホタルは飛び始めますが、多くのホタルが一斉に光って見事な時間帯は、7時ごろから9時ごろです。

夜中も活動していますが、近隣住民のことを考えればおすすめできる時間帯ではありません。

ホタル鑑賞のエチケット

ホタルを捕獲しない。大声で騒がない。光を当てない。ゴミを捨てない。

エチケットと言っても、当然のことなのでむずかしくはありませんね。

ホタル鑑賞にあると便利なアイテム

足元を照らすための懐中電灯、蚊に刺されないための虫除けスプレー、蚊にさされた時のかゆみ止め、ゆっくり座って見るためのレジャーシート、涼感を得るためのうちわ、汗拭き用のタオル、水分補給のための飲み物…

ホタル鑑賞は長くても1時間以内くらいでしょうから、おおげさな準備はしない方が身軽に動けます。

スポンサーリンク

最近では悲しいことに、ホタルを見たことが無いという子供や若い世代も多いと聞きますが、友人、知人にホタルを知らないという人がいたら一緒にホタル鑑賞に行くのもいいかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です