フルーツ狩りで実りの秋を楽しもう!でも採れすぎて食べきれない…そんな時に役立つアイデア!

秋の味覚と言えば、キノコやさんま、新米など様々ですが、家族や仲間と気軽に収穫を楽しめて、味も美味しくプチ幸せを感じられるのはなんと言ってもフルーツ!

地域によって差はありますが、8月中旬~9月上旬からは、梨、ぶどう、いちじく、下旬からは柿も実り始めます。

自然の中で、とれたてのフルーツを頬張る贅沢は格別です。

全国各地にあるフルーツ農園も、デートやファミリー向けにフルーツ狩りを楽しんでもらおうと、直売所やカフェを併設したり、あの手この手の工夫をしていますよね。

そのため、単なるフルーツ狩りだけではなく、一日中楽しめる観光スポットとして、根強い人気があります。

20150710budougari

ところで、たくさん採って持ち帰ったフルーツ、意外に足が早くて、食べられなかったなんてこと、ありませんか?

せっかく収穫したフルーツを腐らせてしまうのは、とてももったいないですよね。

そんな時、どうすれば美味しく食べられるかを、いくつかご紹介します。

スポンサーリンク

余った梨の利用法

まず、甘くてみずみずしい秋の味覚の代表で大人も子供も大好きな梨。

薄くスライスした梨とホットケーキミックスで梨のタルトなんかも良いですが、手間なしで美味しいデザートなら、すりおろした梨で作るシャーベットです。

シャーベットにしておけば、梨の味を損なわずに冷凍保存できますからね。

20150710nasi

また、隠し味としてすりおろした梨をカレー入れると美味しいですし、りんごの代わりとして焼肉のタレにしてもいけます。

余ったブドウの利用法

また、傷みやすいブドウは、皮ごと砂糖と煮て、紫色が綺麗なジャムにすれば、しばらくは朝食のトーストでブドウを味わえます。

20150710budou

皮ごと煮ることで、ブドウの皮に多く含まれるアントシアニンも摂れるので、疲れ目にも良いですよ。

余ったいちじくの利用法

いちじくは、縦に八つ切りにして、アルミホイルにのせオーブントースターで10分焼けば、一味違った美味しい焼きいちじくになります。

20150710itijiku

バニラアイスと一緒にいただくと、ちょっとリッチなデザートにもなりますので、友人とのお茶会に出してもいいかも。

余った柿の利用法

とろとろに熟れた柿は、洗ってラップをかけて冷凍庫へ。

しっかり凍ったあとに、シャーベットとしてそのまま食べても、かき氷にしても柿の味を損なわずに食べられます。

20150710kaki
硬めの柿は、薄くスライスして、レタスや水菜などと一緒にサラダにしても美味しいです。

観光農園でも、美味しい食べ方を教えてくれますし、カフェや直売所にそのフルーツを使ったスイーツが売っていたりするので、私はそれを参考にしてフルーツケーキに挑戦したりします。

スポンサーリンク

旬を満喫できるフルーツ狩りは、当日だけでなく、収穫したあとの食べる楽しみや作る楽しみがあるので、嬉しいですよね。

せっかくの実りの秋、思いっきり堪能しちゃいましょう!

コメント

  1. 匿名 より:

    柿はヘタや皮も柿の葉茶として利用できますね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です