美味しい餃子の食べ比べ!宇都宮餃子祭りを楽しむために抑えておきたいポイント

海外発祥で日本人に親しまれている食べ物はたくさんありますが、安くて美味しくてごはんのおかずにぴったりなのが餃子ですよね。

餃子の街として全国的に有名な栃木県の宇都宮市では、年に一度、11月第一土曜・日曜に栃木県にある宇都宮城址公園において宇都宮餃子祭りが開催されます。

スポンサーリンク

宇都宮餃子祭りでは、宇都宮市内で営業している餃子店が20店以上出店され、美味しい餃子が1皿3個100円で食べられることから、地元の方はもちろん全国各地から餃子ファンが訪れます。

名店の餃子が格安で食べ比べができるということで、餃子祭り開催中はとても賑わい、混雑もします。

ここでは、年に一度の餃子祭りを楽しむために押さえておきたいポイントがいくつかあるのでご紹介致します。

餃子祭りに行く際の持ち物

まず餃子祭りに参加するにあたって必要な持ち物はレジャーシートです。

餃子祭り会場には、飲食スペースがあるのですが、芝生などの地面に各自持参したレジャーシートを敷いて飲食する形となっています。

障害者の方については障害者スペースがあるのでテーブルとイスで飲食する事が出来ますが、一般の方においてはレジャーシートを敷いて飲食をするか、テーブルのみ置いてあるスペースがあるので、そちらのテーブルを使って立ち食いするかのどちらかになるので、やはりのんびり座って食べたい方はレジャーシートを持参した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

餃子祭りへのアクセス&駐車場

それから交通アクセスについてですが、宇都宮餃子祭りにおいては周辺の混雑を避けるため、公共交通機関を利用する事が推奨されています。

JR宇都宮駅まで行けば、宇都宮駅より乗車1回100円のワンコインバスが餃子祭り開催中は運行されていますので、そちらを利用すると良いでしょう。

また自家用車を利用して訪れる場合は近隣のコインパーキングに停めると良いでしょう。

餃子祭り会場付近にはコインパーキングが各所にありますが、餃子祭り開催時間前より大変混み合い、会場から近い程すぐに満車になってしまうので出来れば早目に会場に訪れると良いですね。

宇都宮城址公園と周辺のコインパーキング

餃子祭り会場での注意点

宇都宮餃子祭りは毎年11月の第一土・日に開催されていますが、11月と言えども日中は気温が高い事もありますので帽子を被って行った方が良いでしょう。

とにかく餃子祭りは餃子を買うために行列に並ぶ事の繰り返しですので、パラソルなどのない日なたの元では直射日光が激しい事もありますので日除け対策は行うと良いでしょう。

とはいえ会場は大変混雑していますので、周りの危険を考えて日傘をさすのは避けた方が良いでしょう。

年に一度しか開催されない貴重な餃子祭りを楽しむために、時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です