え?これだけでいいの?アシナガバチに巣を作らせない最も簡単な方法!

暖かくなってくると人も動物も活動が活発になってくるものですが、活発になって困るのがアシナガバチです。

一昨日も洗濯物の中に入り込んでいて、畳むときに発見できたので良かったものの、もしそのまま着ていたら確実に刺されていました。

アシナガバチ自体は人への攻撃性は低いと言われていますが、巣に近づいたり、振動を与えたりすると人を攻撃してくると言われています。

逆に言えば巣に近づかない限り、振動を与えない限り安全だということになりますが、我々の知らない間に身近な場所に作られてしまえば、警戒しようがありません…

スポンサーリンク

アシナガバチが巣を作るのは、日当たりの良い家の軒先や植木の枝などで、我が家でも何度か作られています。

巣を作るのはアシナガバチの習性なので仕方ないとしても、知らぬ間に我々の生活圏内に巣が作られていて、その存在を知らなければうっかり近づいてしまうということに十分考えられますし、我が家でも実際にありました。

アシナガバチに刺された!体験談から知るその後の対処と注意点まとめ
初夏から初秋にかけて、ガーデニングや家庭菜園、草刈りなどで庭に出ることが多いと思いますが、その時に注意したいのが蜂に刺される危険があるこ...

この時以降、アシナガバチが巣を作るのを警戒していたのですが、この記事を書いた翌年には雨どいに巣を作り始めていたので、殺虫剤で対処しました。

高い場所にあるアシナガバチの巣を駆除するには?噴射力の強いスプレー式殺虫剤が最適!
季節は確実に夏から秋に変わっていっていますが、初秋になって困ることのひとつに蜂の活動があります。 蜂の活動が活発になるのは春から秋にか...

それからは目に見えるところには巣を作られてはいないようですが、またいつ生活圏内に巣を作られるか不安は尽きませんし、対処するのも恐いですし、刺されるのも恐いです。

ところがアシナガバチが巣を作り始める前にやっておくと巣を作られないというとても簡単な方法がTwitterに投稿され、非常に話題になり、メディアなどでも注目されていました。

その投稿こちらです。

スポンサーリンク

この投稿によりますと、新聞紙を丸めて吊るしておくだけでアシナガバチが巣を作られたことが無いということです。

つまり蜂の巣のダミーを吊るしておくことで、後から偵察に来た蜂がもうここには作れないと勘違いするようなのです。

ダミーの形を見るともしかしたら天敵のスズメバチの巣があると勘違いするのかもしれませんが…

確かにアシナガバチは巣を作り始める前に偵察しにくるようで、たまに我が家の軒先にもアシナガバチが飛んでいることがあります。

ねとらばのこちらの記事では蜂の専門家にその効果をインタビューしていますが、専門家すら知らなかった方法のようです。

Twitterの投稿者さんはこの方法をするようになってから、アシナガバチの巣が作られることが一切無くなったということですし、殺虫剤を使うこともなくなったのでエコだとも言っています。

これでアシナガバチが巣を作らないのであれば、これほど手間もお金もかからず試せる簡単な方法はないんじゃないでしょうか。

早速、我が家でも新聞紙を丸めて、物干し竿の端に吊るしておきましたが、それだけでもアシナガバチの不安から少しは解消されましたので、ある意味、お守りでもあるのかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です