花火大会で浴衣以外の服装での髪型は?ポイントは○○○を見せること!

花火大会の定番ファッションといえば浴衣スタイルです。

最近では、女性だけでなく、男性の浴衣姿も増えてきましたが、浴衣スタイルの最大のメリットは、いつもより自分を美しく魅せることができる点です。

浴衣を着ると彼氏や旦那さんがいつもと違って優しくなるという話を耳にしますが、それにはこうした理由もひとつの要因になっているとも言えます。

また、浴衣は体型を隠し、帯をすることで姿勢をよくする効果もあるため、スタイルを良く見せることもできます。

スポンサーリンク

その反面、花火大会のような混雑が必至のイベントでの浴衣は見た目と違い、意外と暑いので汗をかきやすくなりますし、歩く場合などは移動しづらいというデメリットもあります。

そこで、浴衣以外のおすすめの服装や髪型について確認しておきましょう。

人が多く集まる花火大会では、露出は普段より控えた方が男性に好印象を与えることができます。

したがって、ミニスカートやショートパンツの利用は絶対に避けるべきです。

できれば、長めのワンピースか膝下丈のパンツを着用した方が良いでしょう。

まず、ワンピースをおすすめする理由は女性を清楚に魅せる効果があるからです。

夏らしい爽やかなデザインのワンピースをシンプルに着こなすのもよし、ストールなどと合わせて自分なりにコーディネートすることもおすすめです。

一方、パンツを着用する場合には、味気ない印象にならないように注意しなければなりません。

例えば、スカートやガウチョパンツなどで夏らしくコーディネートすると、男性にも好印象を与えることが出来るでしょう。

また、ジーンズなどのシンプルなボトムを着用する場合には、小物でアクセントを付けることでオシャレ感を出すことを心がけましょう。

スポンサーリンク

そして浴衣以外の服装で花火大会に行く時の髪型ですが、うなじを出すことがポイントです。

うなじを出すことで、涼しそうなイメージになることはもちろん、男性にも好印象を与える傾向があります。

したがって、浴衣以外の服装の場合でも、アップ系の髪型にして出来る限りうなじを見せた方が良いでしょう。

ショートヘアの方ですと、ゆるふわな感じでまとめるとうなじを出すだけでなく、夏らしさを演出することができます。

一方、髪が長めの方ですと、ポニーテールやサイドアップスタイルでうなじを綺麗に魅せる工夫を行いたいところです。

いつもとは違うヘアスタイルにすることで、男性の心をグッとつかむことができますから、いつも以上に優しく接してくれるかもしれませんよ。

ゆるふわアップの参考イメージ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です