子供と公園で楽しめる遊び道具!100均おもちゃや折り紙の紙飛行機なら経済的!

春から初夏にかけての休日に良い天気で温かい陽気ですと公園にでも出掛けたくなりますよね。

特に小さいお子さんがいるご家庭ですと、お金をかけず子供を遊ばせられる公園はとてもありがたいものです。

公園なら、ある程度の遊具もありますし、走り回ったりできる広場もありますので、安心して子供を遊ばせることができます。

20160417kouen

筆者も子供が小さかった頃は、毎週のように近所から近県までのいろんな公園に出掛けていました。

そして、何度も公園に行っているうちに子供と一緒に楽しめる遊び道具を持っていくようになりました。

スポンサーリンク

と言っても、経済的な負担にならず、無くしたり、壊れたりしても惜しくない100均のおもちゃばかりでした。

そこで今回は、数ある100均のおもちゃの中で、子供と一緒に公園で楽しめる遊び道具と風の無い時ならどこでも楽しめる折り紙で作るよく飛ぶ紙飛行機の折り方などをご紹介します。

ボール

公園遊びの定番と言えば「ボール」ですが、ボールひとつあれば、いろんな遊びができますので、公園に行く時には必ず持っていきました。

100均にもボールの種類は豊富で、定番のビニール製&ゴム製、持ち運びに便利な空気を入れるタイプ、当たっても痛くないスポンジ製などの素材のものがあります。

サイズもサッカーやバレーができる大きさのものから、キャッチボールにちょうど良いサイズのものまでいろいろあります。

ブーメラン

ブーメランは、上手く投げると自分のところへ帰ってくるので、予想以上に夢中になりました。

100均には、昔からあるプラスチック製の「ヘの字型」のものや当たっても痛くない素材でできた「プロペラ型」をしたスポーツブーメラン風のものがあります。

バドミントンセット

バドミントンセットも公園での遊び道具として、とても活躍してくれますので、車のトランクに積んでおけば、いつでも遊ぶことができます。

100均で売られているバドミントンセットには、ラケット2本とシャトル2個が入っていますが、シャトルの羽の形が崩れている場合がありますので、遊ぶ前に整えておきましょう。

折り紙

公園遊びで折り紙?と疑問に思う方もいると思いますが、折り紙で紙飛行機や手裏剣を作って遊ぶと意外と楽しいものなんです。

特に紙飛行機は、長く飛ぶだけでちょっとした感動すら覚えますし、大人でも夢中になってしまいますよ。

よく飛ぶ紙飛行機の作り方は動画で見るとわかりやすいので、折り方をまとめた動画集をご紹介しておきます。

⇒ 折り紙だけで遊べる!よく飛ぶ紙飛行機の折り方解説動画集!

これ以外の紙飛行機の折り方は「おりがみくらぶ」が参考になります。

手裏剣など他の遊び道具の折り方は、こちらが参考になります。

その他の遊べる100均おもちゃ

筆者がよく使っていたのはボール、ブーメラン、バドミントンセットですが、その他にも砂場遊びセット、ままごとセット、縄跳び、フラフープ、風船、水鉄砲、しゃぼん玉、竹とんぼ、フラインググライダーなどで遊びました。

それと公園で遊べる100均おもちゃで忘れてはいけないものに、フリスビーがありますが、個人的に100均のフリスビーはおすすめできません。

その理由は「まっすぐ飛ばない」からです。

ちゃんとしたフリスビーなら、ちゃんと投げればまっすぐ飛んで、ラリーができるのですが、100均のフリスビーの中には、作りが雑でちゃんと投げても、あらぬ方向に飛んでいってしまうものがありますので。

スポンサーリンク

まとめ

以前はおもちゃはおもちゃ屋さんに行かないと買えないものでしたが、100均のおかげでとても手軽に入手できるようになりました。

しかも100円なので、経済的ですし、壊れても無くしてもそれほど惜しくありませんので、気を遣わず遊び倒すことができます。

お子さんと公園で遊びに行く親御さんは、車のトランクなどに積んでおくと便利だと思いますよ。

ひとつだけ注意点を挙げると、ここで挙げた遊び道具のほとんどは、強めの風が吹いていると遊べませんので、その点はご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です