冬の安眠の必須アイテム《電気毛布》の気になること!電気代は?電磁波の影響は?

冷え込む冬の夜に温かく眠りにつけるアイテムは数々ありますが、多くの人が使っているのが、電気毛布ではないでしょうか。

電気毛布はあんかや湯たんぽなど、足元だけを温めるものと違い、背中から足元まで温めてくれるので、ぐっすり安眠できますよね。

しかも家電量販店はもちろん、ホームセンターなどでもほぼ確実に売られていますし、価格も2000円以内で買えるものが多いので、手軽に買える安眠アイテムだと思います。

20151017denkimouhu

もちろん我が家でも、冬の間は家族全員で当然のように使っているのですが、経年劣化のため、毛布の表面が毛玉だらけになってしまったので、今年は新しく買い換えようと思っています。

そこで、ふと電気毛布の電気代っていくらくらいかかるのだろう?ということが気になったので、調べてみたところ、人体に影響がある電磁波が発生していることもわかりました。

それらも含め、今回は電気毛布について気になることをご紹介します。

スポンサーリンク

電気毛布の電気代は?

電気毛布の電気代を調べてみたところ、想像以上に安いことがわかりました。

電気毛布の消費電力は、多いもので80Wほどですが、一般的な電気毛布の消費電力は40~60W程度です。

単純に平均を取って、消費電力50W、1日8時間、週7日間使用することを想定した1ヶ月の電気代の計算をしてみましたところ…

日本全国のどの電力会社を使っても300円前後でした。

寝る前に消費電力の多い「強」で温めておいて、布団に入る時には「弱」にしたり、消したりするのは電気毛布を使う基本ですから、実際には1ヶ月300円以下になる可能性が高いと思います。

つまり1日10円未満で済むということになります。

この電気料金で快適な眠りにつけるわけですから、非常にありがたいことだと言えるのではないでしょうか。

電気毛布の電磁波の影響は?

電気毛布は購入金額、電気代ともに経済的だということがわかりましたが、最近、騒がれているのが電気毛布から発生する電磁波の影響です。

電磁波というのは、電場と磁場が波状に絡み合っているもので、電気が流れる時に必ず発生するものです。

つまり、家電製品を使っていれば100%発生するものなのですが、有名なところでは電子レンジや携帯電話などがありますよね。

この電磁波が人体に様々な悪影響を及ぼすことが世間的に注目されていて、専門機関での研究はされているようですが、現時点では科学的根拠は示されていないようです。

電気毛布も電気製品ですから、電磁波は発生していますが、電気製品の中では電磁波の発生は弱い部類に入ります。

しかし、直接、体に触れている時間が長時間に渡る場合は多いことから、体に悪影響を及ぼす可能性があることが指摘されています。

実際には電気毛布の電磁波と健康障害の因果関係が証明されたわけではありませんが、電磁波の影響が不安な方や妊婦さんなどは控えておいた方が良いのかもしれません。

また最近では、電磁波をカットした電気毛布も発売されていますので、それほど神経質になる必要はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

個人的に電気毛布は、コストパフォーマンスに優れた安眠アイテムだと考えています。

唯一の気になるところは、電磁波の影響ですが、現時点ではハッキリと確認されたわけではありませんので、少々お高めですが、電磁波カットと謳われている電気毛布をチョイスしようと思っています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です