1000円からできる資産運用!一般のご家庭でも始めやすい楽天のミニ投信積立!

資産運用と言うとお金持ちがすることというイメージが強いものですが、最近ではごく一般的なご家庭でも資産運用が行われています。

資産運用が身近になってきた理由としては、低金利の時代に貯金をするよりも、資産を運用することによってお金を増やそうとする考え方に移行しているからと言われています。

また近年では一般的になりつつあるネット銀行などでは、積極的に資産を運用していくことを推奨する取り組みが展開されるようになり始めていることや、様々な手法の資産運用の方法が確立されていることも、資産運用が身近に感じられる一因になっていると思われます。

20150829sisanunyou

ネット銀行をはじめとする金融機関の多くは、多岐にわたる種類の資産の運用方法が提案されていて、多くの方たちが、自分の預金や資産を運用しよう考えたり、実際に運用するようになりつつあるのではないかと思います。

しかし、資産運用などをしたことが無い方にとって難しいのが、どうすれば資産運用を効果的に行い、貯蓄を増やしていけるのかということですよね。

そこでおすすめなのが「少額から始められる投信積立」です。

スポンサーリンク

投信積立とは?

投信積立というのは、毎月決まった金額を自動的に投資信託に積み立てていくというものです。

貯金の積立と同じようなものですが、積み立てる対象が貯金ではなく、投資信託になるということです。

以前から投信積立はありましたが、最低金額が10000円以上という場合がほとんどだったのですが、最近ではネット銀行、ネット証券の普及によって、月々1000円から投信積立ができるようになりました。

少額から始められる投信積立

毎月10000円以上というと簡単には始められませんが、500円~1000円という少額な金額であれば、一般的なご家庭でも、家計を圧迫せずに無理なく続けることができると思います。

参考までに1000円以下で投信積立ができる証券会社をご紹介しておきます。

月々500円から ⇒ SBI証券、カブドットコム証券

月々1000円から ⇒ 楽天証券、マネックス証券

このように1000円以下からの投信積立はいくつかあるようですが、私たちに最も身近で便利なのが楽天証券だと思います。

楽天証券の1000円ミニ積立

楽天証券の1000円投信積立が便利な理由は、投資信託の銘柄が豊富な上に「ノーロード」という手数料無料のファンドが130余りあること、さらに保有期間中にかかるコストの「信託報酬」も安いということです。

また、毎月の支払いがグループ企業の楽天銀行からの引き落としはもちろん、やはりグループ企業の楽天カードからも決済できるようになっていることも便利な理由です。

楽天といえば、ネットで買い物をする方なら誰でも知っている楽天市場という巨大ネットショッピングモールがありますので、楽天銀行の口座や楽天カードをすでに持っている方も多いと思います。

あとは楽天証券の口座を開設すればすぐにでも1000円投信積立が始められます。

スポンサーリンク

実は筆者も1000円の投信積立を始めるつもりで、楽天証券に口座を開設したところです。

今現在は投資信託をする銘柄を選んでいる最中なのですが、なにしろ初めてのことなので、何を選べば良いのか?まったくわからない状態です。

そんな中、第一候補に上がっているのが、楽天資産形成ファンド、通称「楽天525」です。

これはおすすめできるという銘柄がわかりましたら、ここで随時、ご紹介しようと思っています。

あると便利な楽天銀行口座

数あるネット銀行の中でも、バツグンのネームバリューがあるのが楽天銀行だと思いますが、まだ楽天銀行の口座が無いという方にために、楽天銀行のメリットについて簡単に解説します。

楽天銀行はインターネットバンク、つまり、ネット銀行で、リアル店舗を持たない銀行です。

入金も出金も、基本的にコンビニATMとなります。

楽天銀行のメリットは多数ありますが、1番のメリットは、ある方法、ルールを守る事で、全てのコンビニでのATM手数料を無料で入金・出金できることです。

多忙な社会人にとって銀行と手数料、銀行の営業時間は、勤務時間や勤務形態、勤め先の立地などで、かなりシビアな人も少なくありません。

むしろ、残業が当たり前な現代社会では、朝は銀行が開いていなくて、夜は閉まっていて、昼休みに銀行にいける人は恵まれている方だと思います。

その昼休みには、銀行のATMは社会人が集中しやすく、お昼は凄い行列ができていて、利用したら昼食を食べる時間がなかった、なんていう方もいるようです。

やむを得ず、コンビニATMで時間外に取引することになるわけですが、その時に困るのがATM手数料です。

銀行口座のATM手数料は生活に少なくない影響を及ぼします。

年間にかかる手数料を平均すると、約30000~50000円の損失になっしまうそうです。

家庭がある方なら、30000円もあれば、家族で贅沢な外食、日帰りで旅行も可能ですよね。

楽天銀行は、口座に10万円以上の残高があれば、月に1回、手数料が無料になります。

更にポイントとなるのが、30000円以上の取引で、手数料無料の回数が1回増えます。

つまり楽天銀行に10万円以上預けていて、お金の出し入れを毎回30000円以上にする事で、全国のコンビニATMの手数料を、24時間無料にできてしまうというわけです。

スポンサーリンク

他にも楽天銀行同士の振込み手数料無料やメールアドレスだけで送金できるメルマネ、楽天スーパーポイントとの連動など、私たちが特するメリットがありますので、作っておいて損はない口座のひとつだと言えるでしょう。

誰でも簡単に少額から資産運用ができるというのは、現代社会の恩恵のひとつだとも言えますので、将来のために資産を運用したいとお考えの方は、1000円という無理のない金額から投信積立を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です