花粉症にワセリンは効くのか?鼻の穴に直接塗って試してみた結果…

3月に入り花粉の飛散もピークになっていますが、筆者も花粉症の症状が一気に出始めました。

花粉症の症状は主に目と鼻に出ますが、どちらの方がひどいかは人によって違い、筆者の場合は目よりも鼻の症状がひどく、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで非常に苦しい思いをします。

それでも疲れ目対策として飲み続けているブルベリーサプリのおかげか?花粉症の症状が出始めたころに比べると多少は軽減されてはいるのですが、3月に入ると必ず花粉症の症状は出てきます。

スポンサーリンク

鼻に来る花粉症の症状を軽減させるには、アレルギー症状を抑える薬を服用するのが効果的だとは思いますが、副作用が心配なことと面倒なことから薬は服用していません。

筆者が取っている花粉症対策はマスクを着用することなのですが、マスクを着けて仕事などをしていると苦しいのでついつい外してしまうんです。

すると当然のように鼻がむずむずしてきて、くしゃみを連発するはめになり、結果、頭がボーっとしてきたり、痛くなってきたりしてしまいます。

そこで考えたのがマスクの代用品です。

関連記事:鼻の花粉症対策グッズにはどんなものがある?マスク代わりに花粉の侵入を防ぐためのグッズ!

マスクの代わりになるものとしては軟膏を鼻の中に塗る『花粉 鼻でブロック』か鼻マスクと呼ばれている『ノーズマスクピット』がありますが『花粉 鼻でブロック』の方はワセリンで代用できるという噂がありました。

確かに『花粉 鼻でブロック』は医薬品でもないのにドラッグストアで購入すると5gで1000円前後と高額です。

それに対し、ワセリンは50g入りで300円前後と格安です。

1gあたりに換算してみますと『花粉 鼻でブロック』は1gあたり約200円前後でワセリンは1gあたり約6円と33倍も違います。

花粉の侵入を防ぐという効果だけを期待するならわざわざ『花粉 鼻でブロック』を使用しなくても、ワセリンで代用ができるとなるとコスパはかなり良くなります。

そこでワセリンを鼻の穴に塗って、マスクをせずに外出したらどうなるかを実際にやってみました。

ワセリンを鼻の穴に塗って外出!

日時は3月11日(土)で時間は1日の内で最も気温が高くなる午後1時過ぎ、天気は晴れていましたが、北風が強目に吹いていました。

この条件から花粉の飛散量は多いと想像できます。

外出前に綿棒でワセリンを取り、鼻の穴の中1㎝ほどまでまんべんなく塗り、マスクを着けずに外出し、そのまま30分ほど散歩をしてみました。

その結果、一回も鼻がむずむずしなかったわけではなく、少しだけむずむすしましたが、くしゃみが出ることは一回もなく、帰宅後もくしゃみをしていません。

昨日までマスクを外した途端、すぐに鼻がむずむずしてきて、くしゃみが出始めたのが信じられないくらいでした。

これは明らかに花粉の侵入をワセリンが抑えてくれているのだと思いました。

ちなみに筆者が使用したワセリンは不純物が少ないと言われている白色ワセリンでした。

スポンサーリンク

まとめ

昨年までは、軟膏を鼻の穴に塗って花粉が防げるのか?と半信半疑でしたが実際にやってみた結果、良い意味で完全に裏切られました。

鼻の穴だけでなく、鼻周りや目元に塗るとさらに花粉の侵入を防ぐ効果も期待できるようなので、次回から鼻の穴と鼻周り、目元にも塗ってみようと思っています。

しかもワセリンは肌の保湿剤としても赤ちゃんにも使えるので、花粉症の時期だけではなく、1年中使えるということを考えるとコスパも最高だと言えるのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です