子供にもラッシュガードって必要?子供が楽しく夏の水遊びするためにコレで代用もあり!

暑さをしのぐ時に最も効果的で、最も気持ちイイと感じるのはプールや海水浴などでの水遊びですよね。

でも、気をつけなくてはいけないのが日焼けです。

kidpool

昔は夏に日焼けするのは当たり前のことで、子供なんかは色が黒くなっていないとひ弱とかもやしっ子とか言われていた時代もありました。

しかし、日焼けのデメリットが叫ばれるようになったことから、近年では無理に日焼けをすることもないという風潮になっている気がします。

そこで毎年、夏になると水着と共にみんな探し始めるのがラッシュガードです。

ラッシュガードはもともとサーフィンやその他のマリンスポーツなど1日中、海にいる時に強烈な日差しや摩擦などを防ぐためや保温対策のために着用していたものです。

スポンサーリンク

それが近年になり、日焼け防止対策の一環として、一般に普及してきましたが、その勢いは目を見張るものがあり、今では海やプールではラッシュガードを着ていない人の方が少ないと感じることもあります。

それだけラッシュガードの効果をみんなが実感している表れだとも言えるのですが、子供にもラッシュガードは必要なのでしょうか?

日焼けの怖さを知っている親御さんや女の子の親御さんであれば、子供にラッシュガードを着せるのは当然と思っている方も多いと思います。

しかし、実際、子供にラッシュガードを着せたことのある方の中には、子供が嫌がって脱ぎたがるという経験をした方も多いのではないでしょうか。

子供の肌自体が敏感な上、長時間、水に触れていることでラッシュガードを肌や乳首がこすれて痛くなることがあるんです。

ラッシュガードというのは、その性質上、速乾性のある素材で体にピッタリ密着するタイプが多いのですが、体に密着することによって肌や乳首がこすれて痛くなるんです。

日焼け後の痛さを考えるとラッシュガードは着ていた方が良いですが、水遊び中に肌が痛くなるのは子供でなくてもイヤですよね。

よくよく考えれば、そもそも日焼けを防げれば良いわけですから、あえてラッシュガードではなくても良いんです。

そこでやってみたのが、ちょっとだけ大きめのTシャツをラッシュガード代わりに着るということです。

大きめで体に密着しないので、こすれて肌や乳首が痛くなるということはありませんでした。

ちょっと大きめの着古したTシャツを着ているだけでも、日焼けはかなり軽減できますので、是非やってみてください。

スポンサーリンク

ただし、注意点として、海やプールから上がったら、すぐに脱がせてあげてください。

その理由はラッシュガードよりも速乾性が悪いTシャツを着続けていることで、体温が奪われてしまうことがありますから。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です