ホワイトデーのお返し…義理チョコをもらった場合の金額の相場はいくらくらい?

3月14日はホワイトデーですが、バレンタインにチョコをもらった男性は、お返しをしなくてはいけませんよね。

チョコをもらうといっても、付き合っている彼女からの本命チョコをもらった場合なら、お返しを選ぶにしても、気合いが入りますが、義理チョコをもらった男性はいかがでしょうか。

20151207cookey

筆者は、この義理チョコのお返しが面倒で仕方ないんです。

だからバレンタインには、なるべく女性に会わないようにしているんですが、うっかり会ってしまって、義理チョコなど貰おうものなら、その時点からユウウツになります。

スポンサーリンク

なぜなら、誰から義理チョコをもらったかを忘れないようにメモしておいて、その数だけお返しを買わなければいけませんからね。

そんなにユウウツなら、お返しをしなければ良いのでは?と言われますが、そこは大人としての人付き合いです。

男女関係無く、人様に何かをもらったら、お返しをするのが、今の日本では常識ですからね。

そこで気になったのが、義理チョコのお返しには、いくらくらいの物で、何を選べば無難なのか?ということで、今回は義理チョコをもらった場合のホワイトデーのお返しの金額の相場を調べてみました。

女性が喜ぶ義理チョコのお返しは?

ホワイトデーのお返しに関しては、さまざまな情報がありますが、意外にも多くの女性は「お返しはいらない」と答えているようです。

とはいえ、これは建前と考えた方が良いかもしれません。

そして、義理チョコのお返しで貰って嬉しいもので安定して上位に入っているものは…

  • クッキー
  • チョコ
  • ケーキ

この3つなので、お返しで選ぶなら、このお菓子の中から選べば無難ということですね。

お返しの金額の相場は?

お返しの物はクッキー、チョコ、ケーキのうちから選べば、無難ということはわかりましが、いくらくらいの物を用意すれば良いのでしょうか。

こちらもさまざまな情報を調べたところ、およその相場がわかりました。

500~1000円未満

このくらいがお返しの相場なんですが、ここで注意しないといけないのが、バレンタインにもらった義理チョコはいくらくらいか?ということです。

なぜかというと、女性がもらってガッカリしたものに「贈ったものよりも明らかに安いものだった時」という答えが、ダントツで多いのです。

つまり、500円の義理チョコをもらったら、最低でも501円以上のものじゃないと、せっかくお返しをしてもガッカリされるということになります。

スポンサーリンク


「義理チョコのお返しは義理チョコよりも高いものじゃないとダメ」というのは男性にとっては、いささか腑に落ちない感じがありますが、そこは女性らしいと言えば女性らしいので、広い心で受け止めましょうね。

もっとも、既婚者であれ、独身であれ、自分が女性たちにどう思われようと気にしないというスタンスでいる方なら、義理チョコはあくまで“義理”なので、お返しも当然、義理としてお返しになるわけですから、相場などはあまり気にする必要は無いと思うんですけどね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です